2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍・雑誌

2006-05-19

ダヴィンチコード

 先週あたりから遅ればせながら「ダヴィンチコード」を読んでいる。 というのも映画公開が迫り雑誌やらTV、ネット上などで関連記事をよく見かけるようになり これはいつかどこかでネタばれを見てしまうな。と思ったためその前に読まなくては、というプレッシャーと、今読めば逆にそれらの記事が読後のさらなる楽しみとして味わえるからというわけだ。

 文庫本で上中下3冊買って、今、中の1/3位。 読む前のイメージはキリスト教や美術作品の専門知識が結構必要で難解かなと思っていたが、意外に読みやすく普通のミステリーという感じ。内容も面白い。 これを読むとルーヴル美術館に行きたくなる。 何年か前にいったことがあるけど、人が多すぎてゆっくり観られなくてあまり記憶に残っていない。また是非行ってみたい。

2005-10-19

信用リスク

 前回紹介した「Q&A金融機関の信用リスク検査マニュアルハンドブック」を読み始めて2、3日経つが、全部質問形式でQ172まである。現在Q53。先は長い。

 これを読むとまだ途中だが、前半は「金融検査マニュアル」「~別冊」他色々な取組みの時系列が丁寧に書いてあって、又各々の位置づけも理解しやすく 今まで「リレバン」や「~マニュアル」個々のある程度の意味は知っていたが それぞれのつながりがだんだんみえてきた。

 今読んでる中盤は企業、債権の査定、評価を中心とした内容となっていてこれまたより深い理解ができそうで楽しみ。

2005-10-15

銀行関係

 最近まとめて銀行関係の書籍を購入した。 銀行側からの融資企業に対する債権管理の手法を中心としたものであるが銀行でなくても知っておく必要は大いにあるだろう。

  • 「中小・零細企業再生におけるリスケジューリングのすすめ方」 日向皓太郎[著]
  • 「図解融資手法便覧」 銀行研修社[編]
  • 「Q&A金融機関の信用リスク検査マニュアルハンドブック 平成17年度版」 検査マニュアル研究会[編]

  この他では 以前購入した

  • 「銀行交渉術」 中村中[著]
  • 「格付けアップ作戦」 中村中[著]

  が最近 改訂版がでたと新聞広告にのっていたので新しい版も読んでみようと思う。

2005-09-03

心理テスト

 「心理テスト」はウソでした。 村上宣寛 著

 この本は、血液型正確判断や、性格テストなどのテレビでもよく取り上げられたり、人事採用でも取り入れられたりしている ものの根拠のいい加減さを痛烈に指摘している。

 血液型などは特にマスコミが視聴率がとれればOK という姿勢で一時番組乱発していたが、観る人がいるからといって正当化されるものではない。

 正直、本の内容は自分には難しいところもあり理解半分といったところだが、また時間をおいて読みたいと思う。 

 ところで、やっぱり本はカバーの装飾も大事だ。この本もいいデザインしてる。

2005-09-01

会社法

 会社法の書籍も結構でてきたので、ここいらで自分も勉強と何冊か手に入れた。

  • 「一問一答 新・会社法」 相澤哲 編著
  • 「税理士のための新会社法実務ガイド」 都井清史 著
  • 「税理士のための新会社法早分かり」 都井清史 著
  • 「新しい会社法のポイントと中小企業の対応策」 TKC全国会戦略特別委員会 監修

 と、買っておいて、今書いていて初めて気づいたが、都井さん 同じ人が書いてる!

 その「実務ガイド」「早わかり」だが 同じ人が書いているからか文中に図(といっても○→○といった簡単なもの)が挿入されていて、これが分かりやすい。ただ、「実務ガイド」の方が本のカバーのデザイン、紙質が自分の好みなので 印象が良い。

 「一問一答」はそれらに対してやや厚く、また文字ばかりであるが 自分の理解が進んだときは頼りになる一冊になりそうだ。また、帯にある「会社法の重要ポイントを立案担当者が厳選・解説!」というところが頼り度を上げる。

 最後「ポイント」はなんといっても薄い冊子なのであるが重要点を図表文字等を巧みな構成にて展開し一番最初に読むならこれが一番だ。事業者の方たちに講師する予定があるがそれに備えての自分の参考書として十分なものだろう。

 と、いいつつもまだたいして読んでいないので、頑張ってよんでいこうと思う。

 それぞれの感想についてはまた後日に。

新規開設

 新しく始めました。

 仕事で必要ということもあるのですが、書籍を月に何冊か購入します。中には本棚に飾ってあるものも何冊か。。

 そんなことでここに読んだ本の感想、紹介を載せるという目的のもと、そのためにはどんどん読まなければという 状況の中で いわば自己鍛錬の場所です。

 自己満足的ですが、気軽にコメントください。

 他にブログを公開してますが、こちらは本関係のみでなんとかつづけていこうと思ってます。

 この背景のテンプレート いいですね。使わせて頂きました。

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ