2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006-08-31

原価計算

 昨日から簿記 日商2級 工業簿記の勉強を始める。 

 原価計算の解説本は何冊かもっているが、やる気を維持させるには問題集を ということで本屋で選んだ。

 たくさん出ているので 悩むが 問題でとにかく埋まっているものよりも テキストっぽいところが混ざっているものの方が良いと思い、いくつか検討した。

 比較するに当たって1つのテーマに限って 一番分かり易く 絵で説明しているものにすることに決め テーマは「組別総合原価計算」で行ったところ 大原簿記な大原出版で出している「STEP UP 問題集 日商2級工業簿記」が 最高に分かり易くこれに決めた。値段も1,000円とお買い得感が強い。

 実際の企業の状況はほんとに千差万別だが まずは前提となる基本をしっかり勉強して 関与先企業に役立てたい。

FIBA 世界バスケ3

昨日のアメリカ×ドイツは とても面白かった。前半は得点は互角の勝負で もしやとも思ったが、第3クウォーターからのアメリカの猛ディフェンス(特にKirk HINRICHは凄かった)とCarmelo ANTHONYのシュート爆発で 決着をつけた。ドイツのSteffen HAMANNもときたま見せる切込みが良かった。 

 あのディフェンスの中で 点を取られてしまうとドイツにはこれといった得点源の中心となる攻撃がなく終わってみれば順当な結果となったが 途中まで期待させてくれたドイツも良くやったと思う。 

 次のギリシャ戦が楽しみ。

2006-08-28

FIBA 世界バスケ2

 ベスト8が出揃った。アメリカ強し。 オーストラリアも第1クウォーターは食らい付いていたが そこまでだった。 次はドイツとだが、やっぱアメリカだろう。

 対抗できる相手として 期待しているのがスペインだが決勝までは当たらない。ガソルは凄い選手だ。決勝はこのスペイン×アメリカになるのでは。と思う。

 アルゼンチンはニュージーランド戦しか見てないが、地力はあるがアメリカには勝てそうな感じがしない。ギリシャも面白いかもしれない。

LOST2

先週のLOSTシーズン2 31話は今までの中でもラストが最も衝撃的だった。

 ただ、ラストが というよりは そこに至るまでの展開が見事で あのラストにつないでいる。 とてもよくできた回だった。 次回が楽しみ。

2006-08-26

リーガエスパニョーラ続報

 ぎりぎりまで期待していたが 第1節は無理らしい。大変残念。

 -WOWOW最新情報より

 世界バスケのトーナメントが今日から始まるのが 救いだ。

2006-08-25

リーガエスパニョーラ

 いったい 今期06/07シーズンの放送はどうなっているのか。

 明日開幕だというのに。(現地時間)

 WOWOWいまだに未定状態。

2006-08-21

草刈

 先週、土曜日 草刈に行った。

 毎年 恒例で夏から秋にかけて行うが 夏場で前日 雨だった場合は草刈コンデションは×だった。 

 草が生き生きしていて ちょっと刃がでこぼこしている鎌では切りづらい のと 虫がうろちょろいる。でかいミミズ、くも、かえる他。

 早々に草刈を終了して、今後のスケジュールを考える。 結果今回は 業者に依頼してみようと思った。8年位自分で 長い鎌一本でやってきたが 見積もりの金額によっては依頼することになるだろう。 

 心が揺れるが あるいは 刃を研ぎなおしてもう一回勝負してみたい気もする。

FIBA 世界バスケ

 FIBAなる名称は今回初めて知ったが、先週末から世界選手権が始まった。

 日本の試合を中心に他を適当にみているけど、やっぱ国別対抗はおもしろい。

 日本×ドイツは 優勝候補と言われているドイツに対して日本が善戦したような内容の記事が多いが ドイツが大して強くなかったという方があっていると思う試合だった。ノビツキーは凄かったけど。 1試合だけの感想なので あれだけど ドイツよりアンゴラの方が強そう。

 そのアンゴラとの日本の第2戦は完敗だった。アンゴラの3ポイントの成功率が高すぎるなんて解説の人が言っていたが それよりも日本のディフェンスリバウンドをアンゴラに取られ過ぎだったのが敗因だろう。 あれだけ中に侵入されてしまうのはアンゴラの動きが素早かったとかでなくて シュート後のスクリーンアウトが意識からすっぽり抜けているとしか思えない。 

 リバウンドが取れればシュートを外しても攻撃も単発で終わらず試合のリズムも良くなるのでシュートも積極的に打っていけるだろうし 3ポイントの高確率にも繋がったんじゃないかと 思う。

2006-08-20

CDドライブ交換

 土曜日CDドライブが開かなくなり、色々試したが 改善のきざしなしなので 初めて内蔵CD(DVD)ドライブの交換をしてみることとなった。 今までデスクトップPCはTVチューナーカードの追加、メモリの追加はしたことあったけど交換するのは初めてなので一から調べることとなった。 内蔵ドライブの場合のPCとの接続にIDEやらATAPIやらが何なのか。 このページが用語に色々リンクが貼られていて勉強になった。

 で、次にどのメーカーの何を買うか。だけれど おそらく上記の規格とサイズが合っていれば大丈夫だろうと思うが、ここは初めてなので慎重に メルコやI/Oのサイトには各PCメーカーのさらに機種毎の対応表があるのでそこで○がついているものから現実 近くの家電店で売っているものを選ぶことにした。 だが、近くの店には内蔵型はロクにおいてなく、結局 御殿場までいくことにして、今日いって購入できた。 高速つかっても一般道が渋滞で片道1時間かかった。

 セッティングも簡単にいってPC起動後も問題なく、トレイの開閉も今までよりとてもスムーズで大変満足。結局 I/OのDVR-3570LEを購入した。 DVD-RAMが使えないが今までも使ったことがなく CD、DVDへの書き込みもiPod使う前に音楽CDの書き込みに使った位で最近は全く読み込みオンリーなので安かったこれに決めた。 ただ色が白しかおいてなくPCケースの黒と合わないのはちょっとあれだけど。

コナカ、フタタ&アオキ

 コナカ、フタタの両社は12月15日をもってフタタが完全子会社化することで アオキを交えた動きは一段落ついたわけだが、内容はどっちでもいいがおもしろかったことが2点。

 1.アオキ社長のおもしろさ。 なかなか個性的で結構好き。他の2代目と違い創業者らしき雰囲気を漂わせている。

 2.皆、自分の名字を社名にしてるとこ。湖中、二田、青木と 中でも湖中は以外だった。 きっと「洋服の青山」もそうだろうと調べるとやはり青山 理さんが代表取締役である。

2006-08-17

クワイアーボーイズ

 The Quireboysというロックバンド、高校生の時1stが出て日本でも結構売れたと思う。ラジオでも「7 O'Clock」がリクエストでしょっちゅう流れていた。 自分も大好きだった、豪快でもあり、メロディーもなじみ易く。 その後しばらくして2ndもでたが 自分の中ではそれ以降は音沙汰なしで 解散でもしたのかな。と思っていた。

 この前 中古CD屋で 驚きの復活アルバム「This Is Rock N’ Roll」を発見。(アルバム自体は2001~2002年発売) 早速購入して聞いてみたが 音作りは相変わらずの良さ。スローな曲も良いが1st,2ndの「7 O'Clock」「Sex Party」「Tramps and Thieves」ようなはじけた感じの曲も好きなので このアルバムの「C'mon」などを聞いているとSpikeのしゃがれた声で絞りあげるように歌う声はいまだに健在でうれしい。

 ちなみにグーグルで検索をかけたところ 最初「クワイーボーイズ」では スペルが全く違う(「The Choirboys」)こちらが結構話題らしいことを知った。「クワイー」と間違えた。

 同じ時期のアメリカのロックバンドのThe Black Crowes(ブラッククロウズ)には これまでの名声、セールスでは大きく負けてしまったが両方ともとても好きだ。

所得税率

 所得税の講師をするので参考にと過去の税率を調べてみた。 

 というわけで 久しぶりに本業の税務の話なわけだが、 あらためて過去は凄い税率だなと。こちらの財務省の資料ページ 昭和、の後半あたりでも 所得税、住民税合わせて80%近くが最高税率だ。 もちろん累進課税なので ある程度所得が高い人が適用されるわけだが。 その所得の範囲はこのページには載っていない。 

 ちなみにH19から新たに税率段階が6つになっている。これはH19年分の所得税から適用されることになる。 より詳しくは 国税庁タックスアンサーを。

2006-08-16

サスペクトゼロ

 遠隔透視を用いたサスペンス映画「サスペクトゼロ」。

 中盤から後半へは一気に盛りあがった。前半は遠隔透視がはっきりとわかるようには登場してこないので 普通の連続殺人犯とそれを追うFBI刑事かと思ってみていたが、 映像はざらついていて(ゲームのサイレントヒルを思わせる感じ。)淡々と進むので 若干退屈気味だったが、次第に話の筋が頭の中でとおっていくうちに ひきこまれていった。

 遠隔透視者の見えてしまう能力が睡眠も妨げ苦しむ姿が 非常に痛々しい。

 ただ、マトリックスのキャリーアンモスも登場するが やはりマトリックスの撫で付けた髪と黒いコスチュームが印象的なので パーマ頭はあまり似合ってなかった。また FBI刑事とはむかし恋愛の因縁があったようでそんなフリで登場するが その設定は結局その後ほとんど物語にからむどころか ほとんど意味ない、ので余計な設定だった。

 この映画は話のむしろあらすじを知った2回目の方が楽しめるような気がする。 結局1回見て消去してしまったのだが。

2006-08-12

ナショナルトレジャー

 さっきナショナルトレジャーを観終わった。 好きな俳優のニコラスケイジが出ている。 大昔の宝を求めていくのだが 謎解きの過程がダヴィンチコードみたいだった。 まあまあ面白かった。

2006-08-09

洗車体験2

 いよいよ洗車ということで 隣のコイン洗車場へ移動。 コースが6つ位あるのだがよくわからない。 例えば水洗い3分→シャンプー1分→水洗い3分とかいうのは どういう意味なのだろう。 最初と最後の水洗いは意味が分かる。 最初に車を水でよく洗い流すのと シャンプー後の水流しだろう。問題はシャンプー1分だ。

 これは何だ。考えられるのは1つ、シャンプー入りの水がでてくる。で、それを使いながらスポンジで車を洗う。 でもこれは無理がある。 大体シャンプーの種類が自分で選べない。 もう1つは1分間猶予を与えるから その間水出しはとめていてあげるから最後の水洗いが始まるまでに 車をシャンプー、スポンジを使って洗え。というもの。 だがこれも無理だ。 初めての洗車なので経験がないが 1分で車全体をスポンジで洗えというのは さすがにないだろう。 

 と考えていると先に進まないので コースの内 最もシンプルな水洗い5分を選んだ。5分間車を水で流し、終了後 自分の気の向くままスポンジ+シャンプーで車を洗い 最後にまたコインを入れて水洗い5分を選んで シャンプーを洗い流す。 これで何とか洗車が終わった。 

 洗車というのは 今までは 車なんて外を走るんだから汚くて当たり前 車内はともかく 外を綺麗にするなんて 馬鹿だな。と思っていたが 実際やってみると 車のみならず 自分自身もすがすがしい気持ちになった。 

ブラックスーツ

 先週とある事情で至急に葬式用にブラックスーツを購入した。 至急だったので既成服をと思い いくつか紳士服チェーン店を回ったが、どこもフォーマル用という区画にずらっと並んでいるのだけれども ここで疑問なのが フォーマルコーナーの黒服と一般のところにある黒服の違いは何? ということ。タキシードやモーニングならともかく フォーマルコーナーのブラックスーツなら普通に日常着れそう。というより 一般のところのものと区別がつかない。 

 店員の説明の中でのし袋を入れられる内ポケットが付いてます。なんてあったけど、それはどうでもよいし。 あとは大体のがズボンにウェストサイズアジャスタがついていて、サイズをある程度 その場ですぐさま変えられるので 冠婚葬祭位でしか着ないのであっても長い年月着続けられるそうなもんらしいが。 デザインも有名ブランド、デザイナーのものであれば格好よくも感じられるので変でもない。

2006-08-08

洗車体験

 この前、洗車をした。10年位の自動車人生で初めての手洗い。ずっと前に洗車機を使ったことがあったけど、それはスタンドの人があまりの汚さにただで使わせてくれたことがあって自分の手で洗うのは初めてだ。

 まず何をすればよいのか分からず ネット上で色々調べるとまずは水でよく洗い流し 次にシャンプーを使って洗う。そしてそれをよく洗い流して 傷のつかないような生地のものでふく。 その後ワックスを掛けていく。 そんな流れが分かってきた。

 最初によく水をよく流さないで拭くとボディについてるみえないような粒が引きずられて傷の原因になるとか、単なる手ぬぐい、タオルではその細かく複雑な繊維構造にそういった粒が混ざってとれずにこれまた そのまま拭くと傷の原因になるとか(ネルの布が良いらしい) 色々勉強になった。

 そんな予備知識を持ってコイン洗車場のあるカー用品店へ行き、必要物の買い物をした。 とりあえず シャンプー、バケツ、ネル布、水切りワイパー、スポンジ、ワックスで一式そろえようとしたところ、思わぬ問題が発生した。 

 シャンプー売り場へ足を運ぶと ほとんどワックス入りのものが棚の大半を占めていて単純なシャンプーは片隅にちょこっと置いてあるだけである。 またそれらワックスインシャンプーは水で薄めて使うものでなく直接スポンジに付けて使うもののようだ。 さらにほとんどのそれらシャンプーは専用スポンジとかいって付属でついている。 

 この状況を見ると今はワックス入りが主流らしいのが分かるが これで思うのは一時期はやったリンスインシャンプーや こちらは今が主流のハードコンタクトレンズ用の保存液でタンパク分解の成分も一本に入っているものだ。 なんとなくイメージ的には一本ですむので便利だが効果は別々のものよりも劣るのだ。 とういう感じがする。

 とはいっても主流に合わせ ワックスインのもの購入。このおかげで バケツ、スポンジ、ワックスを別に買わなくてすんだ。 他に水切りワイパーとネル布を購入し 道具は全部手に入れていよいよ 隣の洗車場へどきどきしながら向かった。

ステッパー

 7月中旬にエクサー社の「エアロビクス・ステッパー」をついに購入した。結構運動器具ものはちょこちょこ購入してきたけど、長続きせず思い出しては再開する有様だったので 5万円くらいする本機は大分迷ったけど ついに踏ん切りがついた。

 届いたときは予想外の箱の小ささに驚いた。開いてみると実物も小さく作りもシンプルで感じが良い。 使用感はステップ自体は油圧式で音がほとんどしない。これも驚き。ただ、油圧部分と本体の土台は取り外しが簡単で(互いの凹凸の部分に乗せるだけ)あるのだがその部分がステップする毎に若干ゴトゴトと音がするのが気になる。 

 あと一時に最長15分の利用までとあるので よく脂肪を燃焼させるには20分以上というところまでいかない。

 そんな点がいくつかあるが 足腰を鍛える点では 継続していけば 相応の効果が見込めそうで、場所もとらず 油圧装置も非常になめらかでひざ他への負担も少なそうで購入して満足してます。

 

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ